まずは歩合制の仕組みについて考える